顧問契約中のお客様は、こちらよりお掛けください。担当部署直通です。クライアント様専用お問い合わせナビダイヤル042-313-8364

経理に役立つ簿記知識

固定資産の売却②「固定資産売却損」の仕訳方法

前回は固定資産の売却における「固定資産売却益」の仕訳方法についてお伝えしました。今回はその反対の「固定資産売却損」の仕訳方法についてご紹介します。念のためのおさらいになりますが、固定資産売却益と固定資産売却損は以下の場合に処理する勘定科目です。
・固定資産売却益...売却額が帳簿価額よりも高いため発生した利益分を処理する勘定科目
・固定資産売却損...売却額が帳簿価額よりも低いため発生した損失分を処理する勘定科目

◎固定資産売却損の仕訳方法

<例:数年前に200万円で購入した営業用の車両を10万円で売却し、代金は現金で受け取った。売却時での減価償却費の累計は170万円だった>
・取得価額...200万円
・減価償却費...170万円
・帳簿価額...200万円-170万円=30万円
◇直接法(固定資産の帳簿価額を直接減らす方法)で処理した場合
①結果を考える...現金10万円を受け取った ⇒ 帳簿の左(借方)に「現金10万円」「固定資産売却損20万円」2行立てで記入
        (売却代金と帳簿価額との差額-20万円を「固定資産売却損」という勘定科目で計上)
②原因を探る...車両を売却した ⇒ 帳簿の右(貸方)に「車両運搬具30万円」と記入
◇間接法(減価償却累計額を使う方法)で処理した場合
①結果を考える...現金10万円を受け取った ⇒ 帳簿の左(借方)に「現金10万円」「減価償却累計額170万円」「固定資産売却損20万円」と3行立てで記入
②原因を探る...車両を売却した ⇒ 帳簿の右(貸方)に「車両運搬具200万円」と記入
       (売却時までの減価償却費の合計額は、減価償却累計額で処理されているので、車両運搬具の帳簿価額は200万円のまま)

固定資産売却益の場合と同様、直接法と間接法で仕訳方法が異なってきますので、各方法で間違いのないよう、しっかりと確認しましょう。また固定資産の売却にかかる損に使う勘定科目が固定資産売却損なのに対して、固定資産の除却にかかる損は固定資産除却損という勘定科目で処理します。こちらは次回ご紹介しますね。

※記事に含まれる情報は、記事作成時点のものとなります。