顧問契約中のお客様は、こちらよりお掛けください。担当部署直通です。クライアント様専用お問い合わせナビダイヤル042-313-8364

経理に役立つ簿記知識

当座預金と小切手とは?

◎「当座預金」とは?

当座預金とは、金融機関と当座取引契約を結ぶことで開設する決済用の口座です。当座取引契約を結ぶと、会社は小切手や手形の振り出し(現金の代わりに小切手や手形で支払うこと)ができるようになります。ただし普通預金とは異なり、いくら残高があっても利息はつきません。

◎当座預金の仕訳方法

<例:50万円の商品を販売し、当座預金に売上代金50万円が入金された場合>
①結果を考える...売上代金50万円が現金の代わりに当座預金に入金された ⇒ 帳簿の借方に「当座預金50万円」と記入
②原因を探る...商品を50万円販売した ⇒ 帳簿の貸方に「売上50万円」と記入

<例:10万円の商品を仕入れ、当座預金から仕入代金10万円を振り込んだ場合>
①結果を考える...仕入代金10万円を現金の代わりに当座預金から支払った ⇒ 帳簿の貸方に「当座預金10万円」と記入
②原因を探る...10万円の商品を仕入れた ⇒ 帳簿の借方に「仕入10万円」と記入

◎「小切手」とは?

小切手とは通貨の代わりに使用される証券で、仕組みは以下の通りです。
①A社が小切手を振り出す
②小切手を受け取ったB社が金融機関に呈示(持ち込み)してすぐに現金化する
③小切手に記載された金額が金融機関で決済される
④A社の当座預金から小切手に記載された金額が引き落とされる

◎小切手の仕訳方法

<例:30万円の商品を販売し、売上代金30万円の小切手を受け取った場合>
①結果を考える...売上代金30万円を小切手で受け取った ⇒ 帳簿の借方に「現金50万円」と記入
        (この場合、小切手はすぐに現金化できるので「現金」という勘定科目を使います)
②原因を探る...商品を30万円販売した ⇒ 帳簿の貸方に「売上30万円」と記入

<例:10万円の商品を仕入れ、仕入代金10万円の小切手を振り出した場合>
①結果を考える...仕入代金10万円を小切手で振り出した ⇒ 帳簿の貸方に「当座預金10万円」と記入
        (この場合、小切手は当座預金を通すので「当座預金」という勘定科目を使います)
②原因を探る...10万円の商品を仕入れた ⇒ 帳簿の借方に「仕入10万円」と記入

※記事に含まれる情報は、記事作成時点のものとなります。