事業成長への補助金・助成金活用

補助金を申請するタイミングと、「補助金の目的」「アクション」

前回、成長する会社とは?という質問の答えの中で、「①強みを生かせる会社」「②市場に受け入れられ、競合に打ち勝つ戦略がある会社」「③強い意思で実行できる会社」という3つをあげさせていただきました。実はこちら、成長する会社の「必須条件」であると同時に「成長するための3ステップ」でもあります。簡単に言いますと、「強み」があるからこそ「戦略」が立てられ、「戦略」があるからこそ「実行」できるということになります。

◎補助金を申請するタイミング

では、補助金とはいったいどのタイミングで申請するのが適当でしょうか?こちらはずばり、ステップ③の「実行」の時。もっと詳しく言えば「強みを生かし、市場に受け入れられ競合に打ち勝つ戦略を、強い意思で実行する時」です。実はこれ、意外と多くの方々が勘違いされてしまっていることが多いです。
例えば「自社は○○が強みだから、もらえる補助金はあるか?」というスタンスは適切ではありません。まだ強みを自覚したステップ①の状態なので、これから戦略を立てて実行を行うこという段階になりますね。資金がかかるのは何かアクションを起こす時であり、自社分析や戦略立案の時にはまだ資金はそれほどはかかりません。

◎「補助金の目的」と「アクション」

補助金には「戦略=補助金の目的」と、それに沿った「新しい取り組み=アクション」の両方が必要です。では、どのような補助金の目的とアクションがあるのでしょうか。以下の例をぜひ参考にして、貴社の場合の補助金の目的とアクションを考えてみていただけると幸いです。
< 補助金の目的 → アクション >
 ・製造業の技術力強化 → 最先端技術の開発
 ・中小企業の経営革新 → 新技術、新製品、新サービスの開発
 ・設備投資促進 → 最新設備の導入による新たな展開
 ・省エネ促進 → 省エネ設備の導入
 ・被災地支援 → 被災地への工場、倉庫、研究拠点等の新種る
 ・都市課題解決 → 新たな都市課題解決型ビジネスの開始
 ・海外展開支援 → 海外展開のための調査等
 ・製造業の空洞化防止 → 海外移転を取りやめて、国内拠点への設備投資
 ・商店街の再生 → 商店街の空き店舗への出店、商店街でのイベント
 ・産業振興 → 展示会への出店、セミナー受講
 ・高齢者住宅確保 → 高齢者向け生活支援サービス付きの賃貸住宅を設備
など

※記事に含まれる情報は、記事作成時点のものとなります。

ページTOPへ