スタッフ紹介

スタッフ紹介

【皆川】HP写真.JPG

皆川 貴俊

みながわ たかとし

税理士事務所には不似合いな外見の私の、ちょっとした過去を紹介します。

柔道に打ち込んだ学生時代

 私は学生時代、柔道の稽古を積んでいました。試合に出て勝つことが恩師や家族に対する恩返しと考えていました。ところがなかなか己に打ち克つことができず、長らく結果が出せずにいました。
 大学入学当初は、部内で一、二を争う程弱かったです。相当やられました。そこで動画を見て自分なりに動きを研究し、それを取り入れたところ思いのほか上手くいきました。もちろん最初から上手くいったわけではありません。先生にはそれはなんだと言われ、同期や先輩にはからかわれたり、稽古でひどくやられたりもしました。それでも自分にはこれしかないと、まさに藁にも縋る思いでいました。そうして周囲から呆れられながらも自己流の稽古を何か月か続けていると、いつも負ける相手に勝つことができたのです。
 ちょうどその頃、負け続けていた私に「お前には柔道家としての何かが足りない気がする」とおっしゃっていた先生に、「お前いい動きするようになったじゃないか。なんか他にやっているのか」と、声を掛けて頂きました。やっと小さく生っていたつぼみを見つけてもらったような思いでした。

サンボとの出会い、国際大会出場へ

 その後、ロシアの格闘技「サンボ」に誘っていただき、思い切って未知の世界に飛び込みました。そこから出稽古に励み、さまざまな技を体得、ヨーロッパで合宿も経験しました。努力の甲斐あって全日本大会で優勝、ロシアでの国際大会にも出場することができたのです。両親は皆川家から世界大会に出場した人間は初めてだと喜んでくれました。
 これらの経験を通じ私は二つのことを学びました。一つは、これだと思ったことは何があっても続ける粘り強さ。もう一つは、未知の世界に飛び込む勇気の大切さです。この学びを胸に、税理士業界という新しい世界でものし上がってやろうと思います。

ページTOPへ