スタッフ紹介

スタッフ紹介

nishioka.jpg

西岡 一徹

にしおか いってつ

税務はあくまで基本業務として、売上アップや資金繰り向上、人材の悩み等の改善に力を入れ、そうしたところでの満足をお客様にもっと感じて頂きたいと考え、またそれがこの仕事の使命と思っています。

入所までの生い立ち

はじめまして!西岡 一徹(にしおか いってつ)と申します。
東京生まれ、5歳で神奈川県茅ケ崎市に引っ越し、6歳の時から18歳まで宮城県仙台市で育ちました。
大学入学と同時に上京し、卒業後黒川税理士事務所へ入所しました。

小学生から高校まではバスケットボールをずっとやっていました。『将来はNBA選手になりたい』と思うくらい好きで、遊びから部活まで何でもバスケだらけの毎日を送っていました。体育会系の感じで頑張ります。
大学では、韓国人の友人から勧められた映画を見てから映画にどっぷりとはまり、時間をつくっては近所のシネコンから都内の二本立上映館や池袋のオールナイトまで遊びに行っていました。今でも映画はとても大切な趣味であり、見ればいつでもリフレッシュできますので、仕事にもいい効果があるなと思っています。

黒川税理士事務所の良い所、そして個人的に頑張りたいところ

弊所は従業員の雰囲気がとてもよく、気持ちよく働ける職場環境が整っています。そういった雰囲気の良さが常に背景にあるので、繁忙期でもとても楽しく働くことが出来ています。"人の良さ"が弊所の最高の強みだと思いますので、よい雰囲気がお客様にも伝わり楽しいと感じていただければ嬉しいです。

中小企業社長の多くは、人材・売上・資金繰りの悩みを抱えていらっしゃいますが、税理士事務所スタッフとしてそれらの悩みを解決し、少しでも社長の力になりたいと思って業務に取り組んでいます。わかりやすく、早いスピードで、付加価値を感じて頂けるサービスを提供させて頂きます。

今の時代税理士事務所に求められるのは、税金に関わる知識だけでなく、経営ノウハウから保険にいたるまで、多分野にわたる知識です。多くの知識をもとに、お客様のご相談にお答えし、アドバイスさせて頂くことでお客様の経営状況を改善・向上できれば、つまりは日本経済の向上にもつながると考えています。

私がやりがいを感じるのは、お客様の悩みを解決し、よい状況へ持って行けた時です。税務はあくまで基本業務として、売上アップや資金繰り向上、人材の悩み等の改善に力を入れ、そうしたところでの満足をお客様にもっと感じて頂きたいと考え、またそれがこの仕事の使命と思っています。お客様とともによりよい未来を作って行けるよう、明るさとフットワークの良さで頑張っていこうと思っております。

どうぞ宜しくお願い致します!

ページTOPへ