先輩スタッフからのメッセージ

経営者の参謀、
三国志でいう諸葛亮に
なれる仕事

黒川 大策

真剣にお客様のことを考え、「できない」の前に別の方法を提案する

2014年1月入社の黒川大策です。 元々は会計や税務とは全く縁のない、メーカー、広告業界という異業種から転身してきました。 右も左も分からず、全てが初めてでした。 通常の会計事務所だと、お客様と会話をしたり、担当を持てるようになるまで2~3年はかかります。しかし黒ジムでは、倍以上の成長スピードを求められます。

黒ジムは成長スピードが早いことは大きいですが、ここにはチャレンジできる環境と提案や進言できる環境が揃っています。 税理士事務所は関与先である会社の経営に関すること、個人情報、家族構成、取引先との関係など様々な情報を持ち、経営者の方と経営、営業、販売促進、広告、そして時には社長個人のことまで色々なお話をします。 1つの提案や対策から、会社の経営を良くすることも悪くすることもできます。まさに経営者の参謀のような役割です。三国志でいうところの諸葛亮です。

当然、生半可なことは言えませんので、ものすごく責任のある仕事です。 常に自分自身の知識の研鑚やコミュニケーション力を磨くことが必要です。 経済やビジネス、新しい情報は常に取り入れるようにしています。 その分、やりがいは非常にあります。 経営者の要望に応えられなくても、「できません!」ではなく、相手の立場で会話をし、別の方法を提案することを念頭に置いています。 時には、ダメなものはダメと言うことも必要だと思っています。例えばお客様の事業の縮小や閉鎖を提案することもあります。なかなか言いにくいことではありますが、真剣にお客様のことを考えると必要な時もあります。こういったことを伝え、お客様から感謝されたこともあります。

人に寄り添うことができる人。当たり前のことができる人、人の役に立ちたい人、そしてやりがいを求める人にとっては素晴らしいフィールドです。

他のインタビューを読む